ガスコンロでワンランク上のトーストを味わう

ガスコンロを使った調理では鍋やプライパンでの調理が一般的ですが、それ以外にもトースターとしての利用方法もあります。その場合では魚焼き器を使うことで、トーストを短時間で手軽に焼くことができます。この魚焼き器とは魚焼きグリルではなく、ゴトクの上に乗せて焼く調理器具です。トーストの調理方法は、強火では直ぐに焦げてしまいますので、弱火か少し強めの弱火が良いと言えます。こんがりと良い焼き色が付きましたら裏返して焼きますが、焼き色が薄くても意外に表面はカリッとしている場合もあります。ガスコンロでトーストした場合では焼き時間が短い為、パンの内部にはまだ水分が残っていることも特長です。そのことで表面はカリッとした食感がありながら、中はもちもちとした食感がありますので、ワンランク上のトーストを味わうことができます。

おやつ作りに重宝するガスコンロ

ガスコンロは炒め物や煮物など、料理を作る為の機器としてのイメージもありますが、おやつを作る場合でも活躍する調理機器です。例えばアメリカンドッグなども、ガスコンロを使うことで美味しく調理できます。お店で買った場合、一本でもそれなりのお値段になってしまうアメリカンドッグですが、自宅で調理した場合では値段も安く、沢山作ることができます。また、ウインナーソーセージの代わりに魚肉ソーセージを使いますと、よりコストダウンすることができます。一方、衣だけを揚げましても、美味しいおやつを作ることができます。衣だけを油でカラッとキツネ色に揚げますと、表面はカリカリで、中身はフワフワ感を伴ったモチモチとした食感のあるオヤツができあがります。揚げたての時に砂糖をまぶしただけでも非常に美味しく頂けますので、ガスコンロはおやつ作りでも重宝します。

ガスコンロで綺麗にホットケーキを焼く方法

ホットケーキを焼く場合では、ホットプレートで焼きますと表面に均一な焼き色が付く為、綺麗に焼き上げることができます。しかしながらガスコンロで焼く場合でありましても、あるコツを用いることにより、とても綺麗な焼き色を持ったホットケーキを作ることができます。その方法は、フライパンを予め熱した後、濡れブキンなどの上に一度置いてから、お玉などで生地を流し入れる工程までは同じです。そしてフライパンを火に掛けますが、その際はフライパンをガスコンロのゴトクの上に置かないことがコツです。フライパンの底面にまんべんなく火が当たるように、一分ほどフライパンを火の上で動かし続けます。こうすることで、フライパンでも表面に均一の焼き色を付けることができます。一分ほどフライパンを動かしましたら、後は通常通りフライパンを火に掛けて焼き上げます。

棟梁ドットコムは、キッチンとガスコンロのことなら、販売や工事までなんでも特別料金で手がけている会社です。 交換実績20万件の当社なら、お客様の希望と予算にあわせたのガスコンロの取り換えプランが見つかります。 当社の強みは、お客様のご利用時に不便がないようにアフターフォローサービスがあり気軽にご利用いただけます。 ビルトインガスコンロの取り付けならプロにおまかせください!